トリコロールリング

61,000円(内税)

購入数

*お店のホームページからご購入の方に限り「返金保証」をしております。作品に対して絶対の自信があるからこそできること。でも身に着けるものなのでもしも合わなかったらというご不安もあることでしょう。到着日を含めお届け後7日以内のご連絡でしたら(例7/7着の場合7/13日中)、ご理由内容のいかんに関わらず作品の代金を返金いたします(お届け後の破損ならびにサイズ直しをされた場合を除きます)クレジットカードでお支払いの方はカード請求のキャンセルを手続きいたします。もちろん返送に関わる送料も無料です。返送が当方に届いて作品の状態を確認後3日以内に返金させていただきます。実作品の美しさ、素晴らしさを知っていただきたく実施しております。どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・

ご存知フランスの三色旗

左から順に青、白、赤と配され、

青は自由、白は平等、赤は博愛を表すと学校でも習ったと思います

_IGP9186

「トリコロールというのはフランスの国旗そのものを表す言葉なのかな?」

「それとも青、白、赤の色の組み合わせのことをトリコロールと言うのかな?」

この名を覚えた若かりし頃、二人で語り合っていました

二人とも答えを知らなくて・・・トリコロールというのは三つの色ということであり、

フランス国旗そのものを指す言葉ではないこと

三つの色の組み合わせがあれば青、白、赤でなくとも“トリコロール”であること

そのことを知ったのはずっと後になってのことでした

_IGP9187

それよりもちょっとショックだったのが、

青、白、赤はそれぞれ自由、平等、博愛を表すものではないということでした

フランス革命期に生まれたスローガンであり、

現在の国旗も同時期に成立したものなので混同されているんですね・・・

_IGP9189

青と赤は元々パリ市のシンボルカラーで革命軍の帽章に使われていました

それにフランス王家を表す白百合の白を配したのが三色旗の成り立ちです

それなのに紛らわしい(?)ことにフランス政府公式ロゴマークでは、

青、白、赤の下にそれぞれ自由、平等、博愛と書かれているんです

たしかに青が自由、白が平等、赤は博愛であるとの明確な規定はありません

でも・・・それぞれの色とそれぞれが表す意味は実際に合っている気がします

_IGP9190

感覚的なものですがそれで良いと思うんです

理が全てではないことを知る方に普段使いをしていただきたい

青(サファイア)、白(シードパール)、赤(ルビー)

トリコロールの指輪です

_IGP9191

そしてもうひとつ

誰かが言いました

「大きいことはいいことだ」

一理あります

悪目立ちはNGですが大きくて存在感があるのはやはり素晴らしいこと

では小さいものはどうでしょう?

良くなきことなのでしょうか?

いいえ決してそんなことはありません

_IGP9194

石そのもののサイズは小さいのですが、

セットされているのはサファイア、ルビー、シードパールとなかなかに贅沢な組合せ

小ささゆえの可愛らしさ、合わせやすさも魅力です

大きいことがいいように小さいこともまたいいこと

改めてそのことに気づかせてくれたリングです

_IGP9196

イギリス(バーミンガム)、1886年

15金でサイズは14号です

小さなトリコロールカラーが可愛らしい

合わせやすく身に着けやすいリングです


この作品を購入する


イメージはありません。

カテゴリーから探す

コンテンツを見る