ダイヤモンドリボンペンダント

240,000円(内税)

購入数

*お店のホームページからご購入の方に限り「返金保証」をしております。作品に対して絶対の自信があるからこそできること。でも身に着けるものなのでもしも合わなかったらというご不安もあることでしょう。到着日を含めお届け後7日以内のご連絡でしたら(例7/7着の場合7/13日中)、ご理由内容のいかんに関わらず作品の代金を返金いたします(お届け後の破損ならびにサイズ直しをされた場合を除きます)クレジットカードでお支払いの方はカード請求のキャンセルを手続きいたします。もちろん返送に関わる送料も無料です。返送が当方に届いて作品の状態を確認後3日以内に返金させていただきます。実作品の美しさ、素晴らしさを知っていただきたく実施しております。どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・

躍動感のあるリボンの下で小さなお花が揺られています

ダイヤモンド&ホワイトゴールド

イギリス、1910〜20年頃

サイズは縦約2.8cm×横約2.4cm、チェーンの長さは41cmです

・・・・・・・

ブログにも時々書いていますが店主は高校時代(それ以前から)理数系も体育系も全くダメな僕は根っからの文系人間でした

社会科では特に倫理と世界史が好きで高校を卒業してもう何年にもなるというのに、

当時の資料や教材をいまだに持っていて時々読み返したりしています

_IGP3884

ギリシャの哲学者プラトンはこの世界には、

イデア(IDEA)というものが存在するとしています

_IGP3904

イデアそのものは目に見えない存在ですが、

この世界のあらゆるものの中にそれが分有されているというのです

_IGP5463

美しいものについていえばそれが“美のイデア”を分有しているがゆえに美しく、

美のイデアとは美の原理であり、

それは時間や空間を超えた永遠の存在であるとの考えです

_IGP3898

目には見えないものが美しさをつくっているとの考えですね

_IGP5466

それに対しプラトンの弟子のアリストテレスはイデアを目に見えるものととらえました

個々の素材のなかに含まれる「本質的な特徴」こそがイデアであると主張したのです

_IGP5481

僕が扱うアンティークジュエリーでいえばたとえばダイヤモンドという素材

_RIM2137

職人の方が作品を作る時、ダイヤモンドという素材の中に職人の方が求めるのは、

リボンとお花をモチーフにしたネックレスという“形”です

職人の方は目の前にあるダイヤモンドとホワイトゴールドの中にネックレスというイデアを見ている

アリストテレスはこの形こそがイデアだというのです

_RIM2132

どちらが正しいのでしょう?どちらも正しい気がします

地球上で最も硬い物質という特徴もありますが、

ダイヤモンドの“本質的な特徴”は美しいということ

_IGP5497

そしてこんなにも美しいのは目に見えるものだけにとどまらない、

目に見えない何か(美のイデア)がきっとあるからだと思うんです

_RIM2620

アンティークジュエリー

それはあなたとともにある永遠の美のイデア

躍動感のあるリボンの下で小さなお花が揺られています

ダイヤモンド&ホワイトゴールド

イギリス、1910〜20年頃

サイズは縦約2.8cm×横約2.4cm、チェーンの長さは41cmです


この作品を購入する


イメージはありません。

カテゴリーから探す

コンテンツを見る