珊瑚の葡萄 アンティーク コーラル イヤリング

85,000円(内税)

購入数

*お店のホームページからご購入の方に限り「返金保証」をしております。作品に対して絶対の自信があるからこそできること。でも身に着けるものなのでもしも合わなかったらというご不安もあることでしょう。到着日を含めお届け後7日以内のご連絡でしたら(例7/7着の場合7/13日中)、ご理由内容のいかんに関わらず作品の代金を返金いたします(お届け後の破損ならびにサイズ直しをされた場合を除きます)クレジットカードでお支払いの方はカード請求のキャンセルを手続きいたします。もちろん返送に関わる送料も無料です。返送が当方に届いて作品の状態を確認後3日以内に返金させていただきます。実作品の美しさ、素晴らしさを知っていただきたく実施しております。どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・

何物にも染まらない

_RIM2036

どんな色にだって負けない

_RIM2037

それなのにどの色と組み合わせても不思議と合わすことができる

_RIM2042

主張できる、なのに浮いたり悪目立ちしたりせず決して調和を乱さない

それがコーラルの赤

_RIM2045

例えばフラメンコを思い出してみてください

僕も生(ライブ)で観たことは一度しかないのですが、

写真や映像などで誰もが一度はフラメンコの踊り手さんを見たことがあると思います

_IGP3596

フラメンコの衣装といえば赤や黒、緑、青といった原色系の色が主体で、

踊っている時はもちろん立ち姿の時も大柄で見るからに華やかなもの

そのなかでフラメンコダンサーが身に着ける赤いコーラルのイヤリングは、

華やかな衣装にのみ込まれることなく確立された存在感があり、

しかも不思議なくらいどの色にも調和して合うことができるのです

_IGP3621

岡本太郎さんはこうおっしゃっています

赤こそ男の色ではないか。激しさを象徴する。
自分の全身を赤にそめたい。

_IGP3625

でも僕は女性にこそ赤を身に着けてもらいたい

_IGP3686

赤は美しさを象徴する

_RIM2201

全ての女性は美しいのですから

_RIM2208

ぱっと明るく華やかにしてくれるのはお顔まわりだけではありません

_IGP4324

心もぱっと明るくしてくれる

_IGP4294

身に着けた時、きっと気付くことでしょう

それこそがコーラルの赤なのです

_IGP4307

コーラル(宝石珊瑚)のイヤリング

イタリア、1890年頃

真赤な葡萄は実際にはありませんが見るからに美味しそうで食べてみたいくらいかわいいです

飾りの部分だけでなく耳たぶにもコーラルがひとつあてられているのですが、

このワンポイントがデザイン上とても良く効いています

葉の部分はシルバーギルト

金ではなくあえてシルバーギルトを使っているところに作り手のセンスを感じます

手にとって見られたらここにもぜひ注目してみてください

_IGP4319

赤は美しき情熱の色

情熱というと大げさに聞こえるかもしれません

でも、何事も情熱がなければつまらないと思いませんか?

生きることもそう

情熱を持ち意味ある生を

そうすれば日常はつまらないものではなくなるのです


この作品を購入する


イメージはありません。

カテゴリーから探す

コンテンツを見る