アイボリーブローチ(ローズ&ローズバッド)

47,000円(内税)

天然の有機素材・・・単純にひとくくりにできるものではありません

_IGP2171

“アイボリーカラー”、“象牙色”同じ意味の名前であってもそれぞれの作品ごとに異なる色味があります

_IGP2189

白、クリーム、赤や黄色味を帯びたものなど色の個性とともに、

時を経たものだけが得られる暖かな風合いを楽しむことができる

それこそがアンティークアイボリー

_IGP2772

フランス、1860年頃

_IGP2840

背景は白よりも黒やネイビーなど色の濃いものの方がアイボリーがより引き立ちます

_IGP2179

サイズは長さ約7cm×幅約4.5cm

_IGP2190

もう一点出品しております「薔薇と鈴蘭のアイボリーブローチ」同様とても存在感のあるアイボリーブローチです

_IGP2180

実作品の色あいや質感を写真で表現するのは難しいのですが、

こちらのブローチはとても素直な、誰もが思い浮かべるようなアイボリーならではの“らしさ”を感じさせてくれます

_IGP2196

上部の薔薇の蕾と薔薇を繋いでいる“茎”の一部に欠け、割れがありますが全体のフォルムは崩れていません

_IGP2794

裏側から見た写真です

上記のような理由からブローチ本体にベースを当て補強しているので繊細なブローチも安心して気軽にお使いいただけます

素敵なデザインです

後の時代の人も惜しいと思われたのでしょう

使い続けてもらいたくてこのように手を入れられたのだと思います

_IGP2782

縦(上下も含めて)、横、斜めどのようにセットしても絵になるデザイン

_IGP2183

スーツやジャケットに薔薇の生花を飾るのはなかなかに難しいものですが、

このブローチなら散ることも枯れることも無い永遠の薔薇の花を咲かせてくれるのです

_IGP2203

僕がこの作品を好きになったのは薔薇の花だけでなく薔薇の蕾(ローズバッド)も一緒に形作られているから

_IGP2186

今まさに咲き誇っている大輪の花とこれから咲くことを夢見ている次の世代となる花の蕾がともにある

_IGP2218

まるで「受継がれ続けていく」アンティークそのものを象徴しているようです

_IGP2187

「アンティークだから・・・」と、

構えることなく楽しんでいただけたなら幸いです

ブローチを上手に“着こなせる”

おしゃれ上級者の証です

イメージはありません。