チャイルド&チャイルドのエナメルブローチ(テューダーローズ)

115,000円(内税)

購入数

*お店のホームページからご購入の方に限り「返金保証」をしております。作品に対して絶対の自信があるからこそできること。でも身に着けるものなのでもしも合わなかったらというご不安もあることでしょう。到着日を含めお届け後7日以内のご連絡でしたら(例7/7着の場合7/13日中)、ご理由内容のいかんに関わらず作品の代金を返金いたします(お届け後の破損ならびにサイズ直しをされた場合を除きます)クレジットカードでお支払いの方はカード請求のキャンセルを手続きいたします。もちろん返送に関わる送料も無料です。返送が当方に届いて作品の状態を確認後3日以内に返金させていただきます。実作品の美しさ、素晴らしさを知っていただきたく実施しております。どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・

テューダーローズは「和解」の象徴

_IGP7190

フランスとの百年戦争がやっと終結したと思ったら・・・

今度は王位をめぐっての内戦が勃発しました

薔薇戦争ともよばれるこの内戦は実に三十年もの長きに及び、

14世紀から15世紀にかけてのイギリスは戦乱の世紀でした

もちろん休戦もあったので年がら年中戦っていた訳ではありませんが、

無益なことを続けていたということに変わりはありません

そして戦争(戦闘)は21世紀になった現代でもこの地球からなくなっていません

_IGP5152


王位をめぐって争ったヨーク家の紋章が白薔薇で、

もう一方のランカスター家の紋章が赤薔薇だったことから後に薔薇戦争と名付けられました

薔薇を投げ合うならお祭りみたいでまだ優雅だったのですが・・・

_IGP7203

内戦に打ち勝ち王位を継承してテューダー朝を起こしたランカスター家出身のヘンリー7世は、

ヨーク家出身のエリザベスを妻として迎い入れます

ここに両家は和解し、和解の印として赤薔薇と白薔薇を重ねた図柄を王家の紋章としました

これがテューダーローズです

_IGP7202

テューダー朝自体はエリザベス1世の代で断絶しますが、

赤と白を組み合わせたデザインは後の世の人々にも愛され続け、

王立薔薇協会の紋章にもテューダーローズが採用されています

_IGP5169


イギリス、1900年頃(チャイルド&チャイルド社)

_IGP7201

チャイルド アンド チャイルドは1880年から1916年まで存在したイギリスのジュエラーです

美しいエナメル作品で名をはせ、アレクサンドラ妃によって王室御用達の栄誉も受けました

_IGP7191

サイズは縦約2cm×横約2cmと小ぶりですがとても存在感のあるブローチです

_IGP5162


今日もどこかで人は争い、どこかで和解が行われる・・・

長きに渡って愛され続けるテューダーローズのように、

その和解が一時のものでなく永遠もしくはそれに近いのものになりますように


この作品を購入する




イメージはありません。

カテゴリーから探す

コンテンツを見る