(身に着けた写真を追加しました)漆黒のアンティークジェットネックレス

0円(内税)

漆黒とは暗闇では無く輝きである

誰よりもそのことを知るあなたに

アンティークのジェットネックレスを。


黒鏡

正しいジェットの和名は黒玉です。でも丹念に磨き上げられたアンティークのジェットは見つめる人を漆黒の輝きの中に映し返すことができるまさに黒い鏡です。


モーニングジュエリー

モーニングといってもおはようのMorningではありません。哀悼する、喪に服すのMourningです。ジェットはとてもそうは見えませんが実は元々は木でした。人類よりも古いその起源は恐竜が支配するジュラ紀にまでさかのぼります。松や柏の流木が堆積し、やがて化石となったものがジェットなのです。


重厚な存在感からは想像もつかないくらいの

“軽い着け心地”もジェットの大きな特徴です。化石といってもその起源は木である為とても軽く、琥珀に次ぐくらいの軽さです。19世紀のイギリスでは上流階級の女性はサイズやデザインの異なる大振りなジェットのネックレスを幾重にも重ね、その上でブローチやブレスレットまで身に纏っていました。軽いからこそ身体に負担無くいくつも身に纏うことができたのです。


人との関わりは

実はとても古く、1万年前の石器時代の遺跡からも装飾品として発見されています。硬度は人間の歯と同じくらいの硬さであるため加工しやすかったこともあるのでしょう。磨くと暖かみのある漆黒の輝きを放ちます。色合いは正に黒一色なのですが冷たくて怖いといった感じは全く無く、落ち着いて不思議なくらい穏やかです。そして恐らく磨き上げている時に発見したのだと思われますが、摩擦させると琥珀と同じように静電気を帯びます。この帯電の特性に古代の人々は呪術的な力を感じたのでしょう。ジェットの装飾品は魔除のお守りとして使われていたと考えられています。


1861年

ヴィクトリア女王の最愛の夫であるアルバート公がお亡くなりになります。未亡人となり悲嘆に暮れた女王は愛するアルバート公を偲んで永きにわたって喪に服しました。その年数は実に25年にもなり、常に喪服を着て生活するようになったヴィクトリア女王は喪服に着けられる装身具としてジェットを定め、女官や謁見する女性にも同じことを求めたのです。19世紀のイギリスにおいてヴィクトリア女王御一家は家庭生活におけるより良きお手本とされていたため、亡き人を偲んで喪に服すことは美徳であるということが当時の社会の隅々にまで拡がり、人々はこぞってモーニングジュエリーとしてのジェットを求めるようになったのです。


やがて

永く喪に服していた時代も女王即位50年の式典を皮切りに喪が明け出すと人々は今度は明るく華やいだジュエリーを求めるようになり、ジェットは急激に衰退していくことになります。良質なジェットの産地として有名だったウイットビー(イギリス北東部)をはじめヨーロッパ各地の鉱山も次々と閉山し、20世紀の後半に中国産のものが出回るようになるまでジェットはほとんどアンティークだけの存在だったのです。


サイズは?

全部で59個ものジェットが連ねる長さは約32cmと、一番大きい玉の直径は約2cmです。大切に扱われていたのでしょう。状態はとても良く、これといったダメージはありません。こちらは1870年頃のイギリスの作品です。


主に中国産である現代品のジェットには

何もありません。歴史も、人の思いも。アンティークのジェットはかつてヨーロッパで誰かが大切な人を偲んで身に纏っていた漆黒のジュエリーです。今の世であるならばモーニングジュエリーの正装としてだけでなく、その混じりっけの無い純粋な黒をカジュアルにも華やいでも活かすことができます。でも時々は、100年以上昔の出会うことの無かった人たちに思いをはせてみてくださいね。きっとどこかでよろこんでくれていることでしょう。






・発送は郵便局のゆうパックで全国送料無料です。

・各種クレジットカードをはじめお支払方法も各種御用意しております。

歴史を受け継いでいただける方をお待ちいたしております。

ジェットを正装の時はもちろん、

普段遣いとしても使いこなすことのできるお洒落上級者のあなたへ




イメージはありません。