サフラジェット ペンダントブローチ

231,000円(内税)

*お店のホームページからご購入の方に限り「返金保証」をしております。作品に対して絶対の自信があるからこそできること。でも身に着けるものなのでもしも合わなかったらというご不安もあることでしょう。到着日を含めお届け後7日以内のご連絡でしたら(例7/7着の場合7/13日中)、ご理由内容のいかんに関わらず作品の代金を返金いたします(お届け後の破損ならびにサイズ直しをされた場合を除きます)クレジットカードでお支払いの方はカード請求のキャンセルを手続きいたします。もちろん返送に関わる送料も無料です。返送が当方に届いて作品の状態を確認後3日以内に返金させていただきます。実作品の美しさ、素晴らしさを知っていただきたく実施しております。どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・

イギリス、1900年代初頭

サイズは縦約5.8cm×横約3.3cm、素材は9金です。

Green(ペリドット)、White(シードパール)、Violet(アメジスト)

これは“サフラジェット”と呼ばれるイギリスの女性参政権運動のシンボルカラーです。

Give Women the Vote! (Voteとは投票のことです)のそれぞれの言葉を貴石で表現しています。

また色だけでなくこのデザインも運動のシンボルを表しています。

サフラジェットは穏健派のサフラジストに比べて過激であると言われていますが、それは後世の人間が都合のいいように勝手に決めたことかもしれません。単純に過激なだけの人たちがこんな優雅なジュエリーを身に着けたりしません。政治がらみの運動であっても優雅にネックレスやブローチで自らの意思を表明する。単なる言葉遊びでは無いセンスの良さにほれぼれしてしまいます。現代とは全く違う世界なのです。

このブローチペンダントに話を戻すと、状態はとても良いです。ブローチですがペンダントネックレスとしてもお使いいただけます(チェーンは付属いたしておりませんのでお好きなものと組み合わせてください)

とても存在感があります。清潔感を感じさせる白さのシードパールにはもちろん脱落などありません。

女性参政権運動に共鳴した当時の女性達が願いを込めて身につけていたアクセサリー。男女とも今は当たり前になっている選挙権ですが、かつてそれを手に入れるためには闘わなければなりませんでした。今に続くこのジュエリーはそんな時代の生き証人です。どんな人が身につけていたのでしょう?闘ってくれたことに感謝を込めて想いをはせてみたいです。


この作品を購入する


          

この商品を購入する

カテゴリーから探す

コンテンツを見る