スコティッシュジュエリー(ブローチ)

0円(内税)

美しい伝統を身に纏う

和服に帯留があるように

スコットランドにはブローチがあります。両者には共通点があってそれは元々の起源は男性用のものであったこと、そして装飾よりも衣装がほどけないために使うものとして実用性を重視していたということです。


ケルトスタイル

本来の用途はスコットランドに伝わる民族衣装(巻き衣装)を“留める”ために使用するもので、こちらは巻いた衣装を肩口で留めていたもので、この形は“ケルトスタイル”と呼ばれる伝統的なデザインです。


ヴィクトリア女王とアルバート公の

新婚旅行の地に選ばれたのはスコットランドでした。女王はスコットランドを大変に愛するようになり、旅行後も彼の地のバルモラル城を買い取り(当時の金額で30,000ポンド!)夏の離宮として過ごすようになったのです。ファッションリーダーであるのみならず女王御一家はあらゆる生活のお手本とされていました。鉄道の発展もあり美しい風景と歴史情緒を求め人々はこぞってスコットランドを旅するようになったのです。


美しい風景と共に

スコットランドはその文化においてもまた人々の心を惹きつけました。伝統的な意匠をモチーフにしたスコティッシュジュエリーがヴィクトリア女王によって奨励され人々に愛されスコットランドより持ち帰られたのです。


サイズは?

縦約4.7cm×横5.3cmです。スコティッシュジュエリーはこの作品のように多くが銀台で、(稀に金の台もあります)シトリン、アメジスト、ブラッドストーン、アゲート、ジャスパーなどが各種組み合わさってセットされ、アザミの花(スコットランド国花)、十字紋章(ケルトクロス、セントアンドリュークロス)、短剣(ダーク)、尉官(ガーター)等スコットランドにゆかりのあるものをモチーフに作られています。こちらは1870年頃の作品です。


身に纏う時

三つ並んだシトリンの方を下に向けて縦にセットするのが本来なのですが、写真のように横向きに着けてみても素敵だと思いませんか?その形、その色遣い、派手さはないかもしれませんがスコティッシュジュエリーは慎み深く味わいのあるジュエリーです。幅広いシチュエーションに適する使い勝手の良さがお勧めです。






・発送は郵便局のゆうパックで全国送料無料です。

・各種クレジットカードをはじめお支払方法も各種御用意しております。

歴史を受け継いでいただける方をお待ちいたしております。

伝統と歴史情緒に美を感じるあなたへ





イメージはありません。