エメラルドとパールのクラスターリング

148,000円(内税)

*お店のホームページからご購入の方に限り「返金保証」をしております。作品に対して絶対の自信があるからこそできること。でも身に着けるものなのでもしも合わなかったらというご不安もあることでしょう。到着日を含めお届け後7日以内のご連絡でしたら(例7/7着の場合7/13日中)、ご理由内容のいかんに関わらず作品の代金を返金いたします(お届け後の破損ならびにサイズ直しをされた場合を除きます)クレジットカードでお支払いの方はカード請求のキャンセルを手続きいたします。もちろん返送に関わる送料も無料です。返送が当方に届いて作品の状態を確認後3日以内に返金させていただきます。実作品の美しさ、素晴らしさを知っていただきたく実施しております。どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・

想いや気持ちは言葉に出してストレートに伝える。洋の東西時代を問わずいつでもこのことが佳い(最上)とされてきた訳ではありません。直接ではなく間接的表現が好まれた平安時代の日本では和歌に想いを託し気持ちを伝えていました(源氏物語の世界ですね)。

_IGP9084

ところ西洋に変わります。「REGARD」を御存知ですか?「敬愛」を意味する英語の言葉です。「ただ愛しているのではなくあなたをこの上なく大切に思い、敬っています」。

_IGP9088

現代の世界では口に出してストレートに言葉で表現するのもいいでしょう。でもそれは19世紀、特にヴィクトリア朝前期のイギリスでは無粋でセンスの無いこととみなされていました。高貴な身たる者そのようなことはすべきではなかったのです。

_IGP9102

ではどうやって想いを伝えたのでしょう?耳ではなく目から訴えたのです。手紙でしょうか?いえジュエリーに託したのです。

_IGP9109

単に豪奢なジュエリーを贈ったのではありません。そこには「REGARD」の言葉が見てとれます。リングやロケットに直接文字を刻印するのではなく更に奥ゆかしい表現としてREGARDを一文字ずつ宝石で表現したジュエリーを贈ったのです。R=Ruby(ルビー)、E=Emerald(エメラルド)、G=Garnet(ガーネット)、A=Amethyst(アメジスト)、R=Ruby(ルビー)、D=Diamond(ダイヤモンド)が並べられたリング、ペンダント、ブローチを受け取った女性は贈り手の“REGARD”の想いを感じるのです。

_IGP9489

宝石を使った言葉遊び(メッセージジュエリー)はREGARDの他にもDEAREST(「最愛の人」。最後のTはトパーズなど)、恋人の名前やイニシャル、ストレートにLOVE(Lはラピスラズリ、Oはオパールです。Vを冠する石にはヴァリサイトがありますが硬度が低く模様は楽しめても宝石とまでは言えませんのでガーネットを当てていました。茶色味を帯びたガーネットを古い言葉でヴェルメイユと呼んでいたのです)といったものがあります。

_IGP9504

“想いの言葉”の全てを宝石で表現するのは難しいのでREGARD、DEAREST、LOVE以外のものは特に希少です。

_IGP9494

イギリス、1820年代

サイズは11.5号(サイズ直し不可です。上記の写真をご参照ください)

_IGP9491

_IGP9501

REGARDとDEAREST、メッセージジュエリーを代表する二つの言葉の両方に使われているエメラルドを、清楚なパールが囲むとっても素敵なクラスターリングです。胸に秘める密かな思いを失わないあなたに受継いでいただきたい。

イメージはありません。